富士山周辺の浅間神社(1) 2021.3.20 

富士山世界文化遺産の構成要素は25ありますが、その中に浅間神社が8社あります。
今日そのうちの6社と、新倉富士浅間神社(構成要素でない)に参拝に行きました。
河口浅間神社(山梨県富士河口湖町)
865年に富士の噴火の怒りを鎮めるために建てられたのが起源です。
通りに面した入口 大鳥居
杉の大木が並ぶ参道 随神門
拝殿 拝殿の奥の本殿
一号杉(川口浅間神社の七本杉、県指定天然記念物) 二、三、四号杉
五、六号杉 七号杉(根の張りが凄い)
新倉富士浅間神社(山梨県富士吉田市)
新倉富士浅間公園内に鎮座します。赤い大鳥居と戦没者慰霊の五重塔「忠霊塔」は
当地のシンボルで、ここからの眺望は随一です。春になると300本の桜が花を咲かせ
ます。
表参道 鳥居
五重塔がある展望台に向かう階段 五重塔(晴れれば左側に富士山が見られます。)
新倉富士浅間神社全景 拝殿
神楽殿 室内に飾る絵馬
北口本宮富士浅間神社(山梨県富士吉田市)
富士登山吉田口登山道の起点にあります。
参道 大鳥居(日本最大木造鳥居)
随神門(国指定重要文化財) 神楽殿(国指定重要文化財)
拝殿(国指定重要文化財) 大天狗面
拝殿後方の本殿、屋根の上に鬼の面があります。 富士ゑびす(国指定重要文化財)
東宮(国指定重要文化財)、西宮は改修中 諏訪拝殿(国指定重要文化財)
富士太郎杉(樹齢1000年、県指定天然記念物) 富士夫婦桧(樹齢1000年、市指定天然記念物)