大山阿夫利神社(伊勢原市) 2021.4.9 

創建は紀元前97年頃、標高約1,250mの大山山頂に本社、標高約700mの中腹に
下社があります。江戸時代には庶民からの信仰を集め、「大山詣で」が盛んになり
ました。天気の良い日には、相模湾の江ノ島や三浦半島、房総半島や伊豆大島を
一望できます。
こま参道、大山ケーブルカー
こま参道(大山こまは有名です。) 参道から阿夫利神社下社へ向かうケーブルカー
ケーブルカーからの眺め 中間の大山寺駅(階段に置かれた待合いの椅子)
茶湯寺・・・参道の脇にあります。
茶湯寺 わらべじぞう
大山阿夫利神社下社
階段参道 鳥居
阿夫利神社下社 大山霊泉(社殿の地下にあります。)
天満宮 大山山頂への登り口
大山獅子(周囲に十二支があります。) 虎(私の干支)の親子
「大山詣で」の像 下社からの眺望(江ノ島がかすんで見えました。)