可睡斎ひなまつり(静岡県袋井市) 2022.2.28 

可睡斎では、供養を終えた雛人形たちに新たな命を吹き込み、2015年から「可睡斎
ひなまつり」を開催しています。瑞龍閣の大広間に飾られた、天井まで届きそうな
日本最大級の32段1,200体のお雛様は壮観です。期間中は、さるぼぼや竹細工、
折り紙の展示等、ひなまつりに関連した様々な展示も楽しむことができ、家族連れで
賑わいます。
28日は、往復400km、15,000の歩のドライブ観光でした。
総門 山門(仁王門)
吽形仁王像 阿形仁王像
本堂(法堂) 座禅をする場所
御真殿(本尊は秋葉三尺坊大権現)と烏天狗 御真殿の内部
輪蔵堂 輪蔵
開運大黒天(大黒殿内) おさすり大黒天
ひな飾り
廊下のひな人形
廊下のひな人形 御殿飾り
瑞龍閣の32段1,200体のおひなさま
瑞龍閣の32段1,200体のおひなさま
瑞龍閣の天井
つるし飾り
創作飾り
庭の夫婦雛 ぼたんとひな人形
竹とひな人形 竹とひな人形
竹とひな人形 竹とひな人形
ぼたん(鉢植えぼたんの奥内展示)
屋外の「可睡斎ぼたんまつり」は4月中旬から5月初旬に開催されます。