神社の鳥居(ミニチュア工作) 

鳥居の内の区域一帯を、「神霊が鎮まる神域」とみなし、一般に神社と呼びます。区域
一帯を境内と呼び、鳥居、手水舎、神楽殿、拝殿、本殿などの建物があります。
鳥居は境内と俗界の境界を示す物で、さまざまな様式があります。
コロナ禍でのホームステイで、鳥居のミニチュアを作りました。
神社の基本配置
鳥居のさまざまな様式
鳥居のミニチュア工作
靖国鳥居 櫻森稲荷神社(大和市、2021.3.9)
八幡鳥居 深見神社(大和市、2021.3.3)
両部鳥居 田中八幡宮(大和市、2021.3.9)
三輪鳥居 三峯神社(秩父市、2018,12,3)
車止のミニチュア工作
鳥居の前の車止 村山浅間神社の車止(.2021.3.20)