五右衛門風呂 2021.11.27 

実家(大分市)は4軒長屋の東端で、当初内風呂は有りませんでした。後に実家に
接するように五右衛門風呂を増築しました。
実家に居た高校生まではこの
五右衛門風呂に入っていました。
今回、当時のことを思い出しミニチュアの五右衛門風呂を作りました。
外観
実家に接する側(側面に煙突があります。) 接する側の反対側
内部
実家側からすのこを通って風呂に入ります。脱衣場は無く実家で服を脱ぎます。
椅子、風呂桶、たらい 外の煙突、水道の蛇口、風呂釜、底板
内部の詳細
風呂釜に水を入れるときは、蛇口を風呂釜の方に
向けます。
洗い場で水が必要な場合は、蛇口を洗い場の方に
向けます。
風呂釜の真下に焚口があります。
風呂を沸かすために必要なものです。
 ・灰かき棒(焚口内の灰を集めて外にかき出す)
 ・十能(かき出した灰を入れて捨てる)
 ・火吹き竹
 ・薪(後年はおがくずで出来たオガライトを使用)
焚口を覆うカバーの位置で焚口内に入る空気量を
調整し、火力を調整します。
風呂の温度が下がったら裸のまま下駄を履いて
焚口の前で薪をくべます。(今で言う「おいだき」)